胃酸が逆流しないようにするには

日常生活や仕事が原因 

生活習慣が乱れることで胃食道逆流症状が起こると言われています。そのために、普段からの生活習慣に対して改善を図ることが重要になりますが、そもそも、原因としてどのようなことが胃食道逆流症上に繋がるのか、簡単にですが説明をしていきたいと思います。

 

まず一つ目が下部食道の緩みです。
これは、下部食道あたりが、食道と胃の逆目に有り、胃の内容物と胃酸の逆流を防ぐ筋肉のことを酔い、この部分が緩むと、胃酸の逆流が起こることがわかっています。

 

例えば、前かがみの姿勢で、自動車の運転やデスクワークなどを長期間にわたり行なっていることで発症することがわかっています。

 

続いて胃酸過多ですね。
胃酸肺で分泌される胃液に含まれており、食べたものを消化する働きがあります。胃酸の量が多いほど、逆流する胃酸の量も増えるということで、胃酸が逆流しやすく、嘔吐が起こってしまいます。

 

食べ過ぎたりすることで、脂肪分が多い食事が主が原因です。肉類など、脂肪分が多い食品を摂り過ぎると、ホルモン場分泌され胃酸過多に繋がるために、食事メニューには心がけたいものです。

 

そして最後に食道知覚過敏です。食道の近くに異常がお個、刺激を感じやすくなります。胃酸が少し上がってきたばかりでも胸焼けなどの症状がおります。

 

原因はストレスがあると、食道の知覚過敏が起こりやすいと言われています。体質なども原因ですが、胃の形やもともと胃酸の量が多いなどの理由で胃酸の逆流する人も多いので、一時的な改善になりますが、ナウゼリンなどの専用の胃薬を服用することで痛みや吐き気を抑えることにつながります。

 

 

 

トップへ戻る