ピロリ菌で胃がんに?

感染や食事が関係してピロリ菌に?

 

胃の病気として有名なのがピロリ菌です。そもそもピロリ菌とはどのような症状なのかというと、感染していることで、胃の粘膜が徐々に破壊されてしまうことを言います。

 

どんどん胃が編成を進むと、最後にはピロリ菌が住める環境を整えてしまうわけであり、これが胃がんになりやすい状態になるわけです。ピロリ菌については、自覚症状ではわからないために、検査などをして、院制という結果になるとここから治療が起こります。

 

高齢で胃の不調がある人はピロリ菌が院制でも安心はできませんので十分に注意が必要です。

 

もともと、食べ過ぎや肥満が原因でピロリ菌が起こりやすいことがわかっています。それから、胃潰瘍を何度も発症している人にもリスクが高まることがわかっているために、普段からの食事をどれだけこだわれるのかが重要になりますね。

 

ピロリ菌を除去するために、胃酸分泌抑制薬がありますが、まずは病院で検査を受けることが重要です。

 

検査としては、尿素検査、抗体検査、便中抗体検査などがあります。いずれにせよ、ピロリ菌の陽性陰性を調べます。

 

 

一度検査をしてピロリ菌が院制ならそれで終わりではなく、定期的な検査をすることが一番の対策になります。

 

 

トップへ戻る