食後に服用する意味

食後と食直後の違い

吐き気や嘔吐を長期間にわたり感じた時に服用するのがナウゼリンの胃薬です。病院から処方される場合もありますが、最近ではインターネットの通販(個人輸入)で購入をする人もいます。

 

ナウゼリンは1回10mgを1日3回服用すれば、じょじょに効き目が現れ、今までの吐き気や嘔吐がなくなります。

 

ただし、飲み方を間違えると、それだけ効き目が薄まるために、食後を意識して服用するようにしましょう。

 

内用薬には食前、食後などの飲むタイミングの支持があり、薬の効果がスムーズに発揮されるので、その特徴に応じた服用を意識することで効果を高めることができます。

 

ナウゼリンの場合は食後または食直後です。

 

「食後」とは、つまり、食事の後に服用することになり、食事の30分くらい後までをいいます。

 

位に食べ物が残っており、胃粘膜をあまり傷めない状態、食事の後ということで、飲み忘れを防ぎやすいです。

 

ナウゼリンの場合は、食後または食直後に服用することが勧められています。

 

食直後は、食事の直後を指し、食事を食べた後すぐに服用をします。これは、胃粘膜や胃酸をより高めるために、食直後や食後が理想的と言われています。

 

空腹の段階で服用すると、胃を炒める可能性があるために、ある程度は意識した服用を心がけるようにしましょう。

 

 

トップへ戻る