男性の方が胃に負担がかかりやすい

胃の病気の男女の差

胃に関連する病気に男も女も関係ないように思うのですが、実は男性の方がはるかに発症すると症状が強くなるそうです。例えばですが、肺炎をそのまま放置することで発症する胃癌についてみると、若い躁では男女の差は少なくなっているというデータが出ていますが、男性は女性の3倍の罹患率があるそうです。

 

それから、胃潰瘍について、成人だ陰性の約10〜20%はかかっているが、またかかっているのに気づいていない人が多いそうです。別の調査でも、全胃潰瘍の88%が男性で20歳以上の成人がその90パーセントを占めているそうです。男性の方が身体的に精神的にストレスが多く、その意に対して輪をかけてアルコールやカフェイン、タバコとなど、胃酸や胃壁に対して悪いダメージを与えることで、より症状が悪化するわけですね。

 

症状が悪くなってから改善するのではなく、やはり健康のことを考えるのなら、事前から酒の量は控える、ストレス解消を普段から心がけるなど、行うだけでもいや体全体に対するダメージをやわらげることになると思います。

 

 

トップへ戻る