胃炎による「吐き気、嘔吐」にナウゼリン

胃炎にナウゼリン

ナウゼリンの効能として、胃腸の働きを活発にして、吐き気や嘔吐、食欲不振などを取り戻してくれます。

 

胃炎に悩まされると、お腹の回りが「重たい感覚」で、急に「吐き気、嘔吐」とい悩みが起こってしまいます。ついつい、そのまましていたら「治るだろ〜」と思い達ですが、症状が悪化すると癌になる恐れもあるために、お腹回りの違和感を感じたら、病院や専用の薬を服用し、改善を図ることが重要になります。

 

そもそも、胃炎が発生する要因として、毎日のようにアルコール、カフェイン、刺激物を食べ飲みが多いことが関係し、それだけでなくそれからストレスなどを敏感におこることが関係しているとされています。

 

人それぞれ、原因は微妙に異なるとされますが、私の場合はカフェインが大きく関係していました。毎日のようにコーヒーを3〜5杯ほど飲んでいたことが胃炎の原因だったと思います。

 

具体的に、胃炎にも2種類あり「急性胃炎」と「慢性胃炎」で、突発的に起こり、自然に治るのが急性胃炎で、日本人に多いのが慢性胃炎と言われています。

 

私も、この慢性胃炎に悩まされ、基本的には胃炎を発症してから、吐き気や嘔吐が起こることで、ちょっとしたにおいをかぐだけでも気分が悪くなり、食欲不振にもおちいっていました・・・。

 

そこで、胃炎に効果があるのがナウゼリンになります。簡単に効能を説明すると、ナウゼリンはアセチルコリンの遊離を促し胃腸の働きを活発にしてくれる効果があるために、吐き気や嘔吐を改善し、食欲不振を取り戻してくれます。

 

特に、胃炎を発症してからすぐに服用すれば、その分回復が早いとされています。

 

 

トップへ戻る